BA 風俗業界から辞めるには

業界から辞めるのは自分次第なのか

Monthly Archives: 4月 2014

変わろうと努力すること

仕事や環境が変わる時、自分の外見や考え方にも変化が必ずうまれます。
その変化を楽しむポジティブな思考を風俗からの引退を考える女の子たちも持ちたいものです。
風俗業界世界にはいってきたとき毎日のように驚きがあったはずです、そしてそこで得られた人間関係やお金はアナタの生活に大きな変化をもたらせてくれたことでしょう。
しかしそれらの刺激的な生活も続けていくことでやがて飽きやマンネリになってはいませんか?
また一度一般社会を夜の世界からみることで社会や異性に対する考え方にきっと進歩がアナタの中にあったはずです。
風俗業界の仕事はアナタを堕落させたなんて考えずに、アナタをまたひとつオトナにかえてくれたハズです。
メンタルがワンレベルあがった時こそもう一度昼の世界に戻る時期にきているハズ、現状を変えるにはそれ相応のエネルギーが必要ですが、それは強くなった今ならきっとカンタンになっていることでしょう。
変わろうとする努力、変化そのものを楽しめる時期になっているはずです、同じような日常もアナタ次第で万遍にも変化いたします。すべてはアナタ次第、風俗嬢にだってなんでもできるだってことを証明してやりましょう。

辞める意志が弱いと

風俗業界を辞めたい・・と少しでも感じ始めた時、それが実は風俗嬢の潮時なのかもしれません。
それでも風俗業界にはいった理由と同様に辞められない理由というものが女の子たちにはあるのですが、最終的に決定するのは嬢たちの辞める意思が何よりも大切なのです。
その兆候を自ら感じ始めたときはもう一度自分と向き合って将来を考えてみましょう。
辞める意志が弱くダラダラと続けることは自分以外にも負の結果をもたらす場合があります。
例えば仕事に関するモチベーションが落ちることで、サービスが低下しお客の満足度が落ちてしまうとアナタの指名が減っていくこともあるでしょう。
また出勤日を自ら選べるようなお店に所属している場合には、出勤回数が自然と減りアナタの収入が激減、お金が自由にならない生活に支障がでることによりますます毎日の活力とモチベーションが低下していくという悪いスパイラルをかけ落ちていくような結果にもなりかねません。
「そうありたい」と願う気持ちこそが幸せになる秘訣です、ちょっとした「面倒くさい」という気持ちで人生を損してしまってはモッタイナイですよ。