BA 風俗業界から辞めるには

業界から辞めるのは自分次第なのか

風俗業界から辞めるには

-a0001_000915_m
「女性」であるならば誰でも働くことが可能な風俗というお仕事、一般のパートやアルバイトに比べれば労働時間に対しての報酬がたいへん高く、決して楽とは言い切れませんが効率よく稼ぐ事ができるお仕事でもあります。
しかしながらそのお仕事はストレートな表現をすれば男性のペニスを舐める、自らの性的価値を金銭で売るという、一般社会的な倫理や道徳から反した仕事であることは間違いありません。
現状としてそのお仕事をしている最中には気が付かないモノなのですが、やはりこうした倫理・道徳から一歩外にでた道を歩いていると、一般人とはモノの考え方、話し方、金銭感覚などがだんだんとズレていっているものなのです。

そして今ではなく10年後・20年後の自分を考えた時には明るい未来を想像できない業界の方は多いのではないでしょうか?
「若い」ということが女性の大きな武器になる風俗嬢のお仕事、その「若さ」が失われたらどうしますか?稼げなくなってまでも風俗にしがみつきますか?
風俗というお仕事は男性にとっても女性にとっても一生やる仕事ではありません
短い人生の金銭面を効率よく埋めていくあるいみにおいて「腰掛け」的なものとみておく必要があります。
女の子の場合にはいずれは結婚したいと考えている子もいるでしょう、風俗嬢を続けたまま所帯を持つことは不可能ではありませんが、パートナーとの間になにも問題なく齟齬を起こさないことができる方などはホンの一握りです。
もし子供ができ、その子が物心ついて両親の仕事について尋ねて来たとき、風俗の仕事をどう説明いたしますか?
またその何十年後かに自分の娘が風俗で働きたいといってきたらどうしますか?
風俗で働くことは悪いことではありません、しかしずっと続ける仕事ではないことはアナタにもわかっているハズです。

そして風俗業界は人の出入りが水商売以上に激しい業界であり、決して「辞めることができない」業界ではなく、どちらかといえば「カンタンに辞めやすい」仕事なのです。
それなのに風俗から抜けられない人がいるのはナゼでしょう、風俗を辞められない理由はその本人にあるからです。
未来の自分を想像するのが怖い、先の事を考えるのがメンドクサイ、今が楽しければいい、自分だけ幸せならばいい、といった自己愛と自分に対する甘さが起因となっている方が多い気がいたします。
そのためにも風俗の仕事は始める前に「目標といつまでやるか」を決めてから始めるべきです。
10年後の自分を見据えた計画を今からでも考えてみませんか?

ピックアップサイト

風俗で遊ぶなら大阪でしょ!
大阪や近郊の店を多数掲載

There are no comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です